終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴 2ページ目 | NewsCafe

終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴
 翌日、お昼の時間帯に友人が遊びに来て隣の駅にご飯を食べに行こうとした高橋。踏み切りに差し掛かったところで昨夜の出来事を友人に話すと、友人が「あ、あれ。昨日気付かなかったの?」と何かを指したそうだ。すると踏み切りの鉄柱にはお墓の卒塔婆(故人を供養するために立てる木の板)が。高橋が実際に現場で見た卒塔婆の写真をパネルで提示すると、スタジオの面々からは悲鳴が上がった。


 高橋の話を聞いて「霊がやったというか、鉄道会社の人が弔いの意味で…?」と発言する吉田。「なのか、わかんなくてですね」と高橋は言葉を濁し、首を傾げた。すると指原は「話が怖いのと顔が綺麗なのとそういう浴衣(の衣装)なので、噺家さんの話を聞いてるみたいでしたね」と高橋を評価。小杉も「助けてくれたのかもしれへん。(そのまま踏み切りを)渡ったらなんかあったんかも」と感想を漏らし、高橋の怖い話をまとめた。
 
《AbemaTIMES》

特集

AbemaTIMES

page top