終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴 | NewsCafe

終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
終電後の踏切で起こった怪奇現象…現場写真に指原も悲鳴


 指原莉乃と、お笑いコンビブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#114(毎週火曜よる9時~)が9月10日、AbemaTVにて放送。今回番組では“マジで怖い怪談SP”と題し、モテ芸人・真夜中クラシックの高橋佑介が終電後の踏み切りで起こった怖い話を披露した。


 その日、家の2駅先のお店で友達と飲んでいたという高橋。終電も終わった時刻に飲み終わり、家もそこまで遠くないので歩いて帰ることにしたそうだ。線路沿いを歩けば家に付くという帰路。ただし1回だけ踏み切りを渡る必要があったそうで、当時使っていたガラケーを見ながら音楽を聴いて踏み切りに差し掛かったところ、その踏み切りがカンカンと音を立て遮断機を下ろしたそうだ。当初は携帯に集中し特に踏み切りを気にしていなかった高橋だが、時刻は深夜の2時半。警報音が鳴ることがまずおかしいと気付き「気持ち悪いな」と思って背後を振り返ったりするも、なにもなく。電車も通らぬまま音は鳴り止み、遮断機も静かに開いて高橋は家路に付いたという。
《AbemaTIMES》

特集

page top