「無礼とは知らなかった」―元阪神マートン氏が日本で学んだ文化、イチロー氏への思い | NewsCafe

「無礼とは知らなかった」―元阪神マートン氏が日本で学んだ文化、イチロー氏への思い

スポーツ フルカウント
阪神で活躍したマット・マートン(写真はカブス所属時)【写真:Getty Images】
■初出場で後の同僚メッセンジャーから安打、共に昇格の同僚は頭部死球の悲劇

 阪神で2010~15年まで6年間プレーしたマット・マートン氏。2010年には214安打を放ち、1994年にイチロー氏が記録した210安打のプロ野球記録を塗り替えるなど、首位打者1回、最多安打3回、ベストナイン4回と活躍した。2017年を最後に引退し、現在は古巣カブスでベースボール・オペレーション補佐を務めている。米野球専門メディア「ジ・アスレチック」は、マートン氏のキャリアについて特集している。

 マートン氏は2003年にドラフト1巡目(全体32位)でレッドソックスに入団。有望株として期待されたが、翌2004年に86年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指すレッドソックスは、4チームが絡む大型トレードを敢行。エクスポズからオーランド・カブレラを獲得する代わりに、チームの顔だったノマー・ガルシアパーラと共にマートンもカブスに移籍した。
《Full-count》

特集

page top