日ハム宮西「仲良しこよしじゃダメ」怒りの“グラブ投げ”に込めた思いとは | NewsCafe

日ハム宮西「仲良しこよしじゃダメ」怒りの“グラブ投げ”に込めた思いとは

スポーツ フルカウント
日本ハム・宮西尚生【写真:荒川祐史】
■日本ハム宮西は8日オリックス戦で5年ぶり40ホールドを達成 プロ入りから12年連続50試合登板以上のパ新記録

 泥沼の8連敗を脱した日本ハムが6日からのオリックス戦で3連勝と息を吹き返した。すでに入団から12年連続50試合以上登板のパ・リーグ記録を更新していた宮西尚生投手は、この3連戦で2ホールドを挙げて今季リーグ断トツの40ホールドに到達。左肘の手術明けにも関わらず、日本一に輝いた16年の41ホールドを上回るキャリアハイと3度目の最優秀中継ぎ投手のタイトル獲得がはっきり見えてきた。チームを支える鉄腕に、チームへの思いとこれから目指すものについて聞いた。

 8月24日オリックス戦(京セラドーム)以来2週間ぶりとなるホールドは格別な味だった。チームは8月に球団ワーストタイ記録となる20敗を喫する大失速。連敗続きの中で、これまでいかに自分が恵まれていたかを痛感したという。

「負けている時に投げて、初めて俺らは状況を与えられて、生きているんだと思った。負けている時には何も力になれない。リリーフは(味方が奪った得点を)守ることしかできない。チームを勝たせることはできないから。チームがあって、勝ちにつながる。周りに生かさせてもらって、投げ続けているんだと改めて思った」
《Full-count》

特集

page top