嵐・相葉雅紀ら「24時間テレビ」で圧巻のコラボパフォーマンス | NewsCafe

嵐・相葉雅紀ら「24時間テレビ」で圧巻のコラボパフォーマンス

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
「スポーツアートパフォーマンス」より(C)日本テレビ
【モデルプレス=2019/08/25】24日18時30分から放送スタートした日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」にて、嵐の相葉雅紀が、空手・パラテコンドー・テニス・卓球・BMX・スケートボード・新体操の選手たちと、アートとスポーツを融合させたパフォーマンスに挑戦した。

【さらに写真を見る】相葉雅紀から嵐へ 15年ぶりのサプライズ手紙で“嵐愛”綴る

今回、19人の種目・年齢も様々なアスリートたちは、カンヌ国際映画祭などでも注目される映像とライブパフォーマンスのパフォーミング・カンパニー・enraとのコラボレーション。

背後に映る映像に合わせ動かないと成功しないenraのパフォーマンスは、正確なタイミング・位置で動くことが求められ、これにより映像と体の動きがシンクロ。試合などの勝つためのパフォーマンスと異なる、魅せるパフォーマンスで、スポーツの動きだけではなくダンスの要素もあるため、相葉はアスリートたちと何度も一緒に練習を行い、皆の体にリズムを覚えさせていた。

◆相葉雅紀「みんなすごくないですか!?」

そして本番、両国国技館で映像と音と光がシンクロした圧巻のパフォーマンスを披露。最後に相葉は「みんなすごくないですか!?ほんとに完璧にやりきってくれました!みんな最高だったよ」と参加してくれたアスリート・子どもたちに感謝した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top