上手投げ→サイド転向1か月で153キロ 悩めるドラフト候補を救ったきっかけ | NewsCafe

上手投げ→サイド転向1か月で153キロ 悩めるドラフト候補を救ったきっかけ

スポーツ フルカウント
ルートインBCリーグ新潟に所属している前川哲【写真:編集部】
■新潟アルビレックスBC 23歳の前川哲投手の夢はNPB入り

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの試合に、スカウトがチェックに来る選手が何人かいる。その中の一人が、今季で入団5年目となる前川哲投手。背番号18を付けた主戦投手で首脳陣からの信頼も厚い。そんな右腕がオーバースローからサイドに転向し、自己最速の153キロを計測した。

 前川は新潟産業大学附属からBCの新潟入り。オーバースローから150キロを投げる剛腕だった。しかし、思うような成長曲線を描けず、試行錯誤の日々が続いていた。

「オーバースローから150キロを出せるのが売りだったんですが、若さとスピードだけではダメ。もう一歩、進化をしないといけないと考えました」

 頼ったのはいつも親身になって相談に乗ってくれる元日本ハム投手の清水章夫監督と、元巨人捕手のコーチ兼球団社長補佐の加藤健氏だった。

 今年の7月。サイドスローの方が体にフィットするのではないか、スピードも維持できれば、打者が嫌がる投手になるのではないかというプランが話し合いの中で生まれた。
《Full-count》

特集

page top