バーランダー、特定記者を取材拒否で物議 MLB機構はアストロズの対応に遺憾の意 | NewsCafe

バーランダー、特定記者を取材拒否で物議 MLB機構はアストロズの対応に遺憾の意

スポーツ フルカウント
アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
■元地元デトロイトの記者がクラブハウスに入れず、BBWAAも抗議

 アストロズの右腕ジャスティン・バーランダーの取材拒否騒動が物議を醸している。21日(日本時間22日)に本拠地で行われたタイガース戦の後、この試合で先発登板したバーランダーがデトロイトの地元紙「デトロイト・フリー・プレス」のアンソニー・フェネク記者を名指しして取材を拒否。フェネク記者が参加する限り囲み取材に応じないとしたため、アストロズ広報部は同記者のクラブハウスへの入室を一部制限した。これを受けてMLB機構が遺憾の意を示すと同時に、全米野球記者協会(BBWAA)はMLBに迅速で適切な対応を求めている。

 バーランダーは2005年にタイガースでデビューし、その後エースとして君臨。2011年にはサイ・ヤング賞とMVPを同時受賞していた。2017年途中にアストロズへトレード移籍したが、「デトロイト・フリー・プレス」と言えば“勝手知ったる仲”でもある。
《Full-count》

特集

page top