中日、今年のドラフトはいかに? 高校生ドラフト候補の評価、スカウト陣の“生の声”は… | NewsCafe

中日、今年のドラフトはいかに? 高校生ドラフト候補の評価、スカウト陣の“生の声”は…

スポーツ フルカウント
大船渡・佐々木朗希(左)と星稜・奥川恭伸【写真:編集部、沢井史】
■最も評価が高い選手は? 佐々木の163キロを計測したスカウトは…

 101回目の夏が終わった。聖地で輝いたヒーローもいれば、夢叶わず散った球児もいる。彼らの中にやがてプロの世界で羽ばたく逸材はどれだけいるのか。

 中日のスカウト陣に現時点でリストアップされている主な高校生について聞いた。まず、単刀直入に最も評価が高い選手は誰か。米村明チーフスカウトは即答した。

「佐々木(朗希・大船渡)です。別格。高校時代の大谷翔平より上と判断しています。ストレートはもちろん、変化球も素晴らしい。あと、高身長ですが、牽制やバント処理もうまい」

 日本中に衝撃が走ったのは4月のU18日本代表合宿で163キロをたたき出した瞬間だ。実はこれを計測したのは中日の清水昭信スカウトのスピードガンである。

「近大のグラウンドでした。甲子園のスピードガンと同じ位置にしようと思い、やや一塁側のバックネット裏に陣取ったんです。投球練習でいきなり154キロ。本番で163キロ。でも、一番驚いたのはクイックで161キロが出た時です」
《Full-count》

特集

page top