【高校野球】履正社が攻略、星稜・奥川に決勝で明らかな異変…データで楽しむ夏の甲子園【第14日目】 | NewsCafe

【高校野球】履正社が攻略、星稜・奥川に決勝で明らかな異変…データで楽しむ夏の甲子園【第14日目】

スポーツ フルカウント
星稜・奥川恭伸【写真:沢井史】
■履正社が初優勝、決勝をセイバーメトリクスの指標で分析すると…

 奇しくも春の選抜高校野球の初日に対戦した両校による決勝となった夏の全国高等学校野球選手権大会。そのリベンジを果たした履正社(大阪)、そして奥川投手の完投で敢闘した星稜(石川)との一戦をセイバーメトリクスの指標で振り返ってみます。

 使用している指標の説明は以下の通りとなっています。

OPS 出塁率+長打率 1を超えると優れている
wOBA 各プレーの得点価値を累積して算出した打撃指標
O-swing% ボールゾーンに来た球をスイングした割合
Z-swing% ストライクゾーンに来た球をスイングした割合
Swing% スイングした割合
O-contact% ボールゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Z-contact% ストライクゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Contact% スイングした際にバットにボールが当たった割合
《Full-count》

特集

page top