叔父からの性的虐待、そして復讐…『奪い愛、夏』桜(水野美紀)の過去が明らかに | NewsCafe

叔父からの性的虐待、そして復讐…『奪い愛、夏』桜(水野美紀)の過去が明らかに

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
叔父からの性的虐待、そして復讐…『奪い愛、夏』桜(水野美紀)の過去が明らかに
 8月22日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第3話が放送され、水野美紀演じる花園桜の過去が明かされ、話題となっている。


 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの"豪華怪演陣"が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 花園桜(水野美紀)は、40歳以上の女性をターゲットとしたマッチングサービス「ラブネクスト」を立ち上げ、10年後の日本を担う女社長のひとりとして知られていた。自身のブランディングのために結婚したいと考えた桜は、優秀イケメン社員の桐山椿(小池徹平)に1億円と引き換えに契約結婚をするよう命令。実家が借金を抱えて困っていた椿は、「浮気は絶対にダメ。もし浮気したら全額返済しろ」という条件のもと泣く泣く結婚を受け入れた。しかし、付き合っていた空野杏(松本まりか)のことを吹っ切れない椿は、桜には秘密で杏との愛を育み続けることを選択したのだった。


 旦那となった椿に、桜は真っ白のパズルをプレゼント。その場で完成させるように命令すると、「どうしてあなたを選んだのかわかる?」と椿を結婚してに選んだ理由を話すため、自らの過去を語り始めた。


 桜が高校生のときに母親が病気で亡くなり、父親は営む飲食店が経営困難になり自殺。ひとりになってしまった桜は、父親の妹の家に引き取られることに。
《AbemaTIMES》

特集

page top