星野源“二度と戻りたくない”学生時代の黒歴史告白 | NewsCafe

星野源“二度と戻りたくない”学生時代の黒歴史告白

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
星野源(左)がゲスト出演(C)日本テレビ
【モデルプレス=2019/08/20】歌手で俳優の星野源が、21日放送の日本テレビ系バラエティ番組「1周回って知らない話 2時間SP」(夜7時56分~9時54分)に出演する。

【写真】星野源、金髪アッシュに大胆イメチェン

◆星野源“二度と戻りたくない”学生時代の黒歴史を告白

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める同番組では、テレビで当たり前として扱われているが、“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査。本人にその疑問をぶつけて明らかにしていく。

芸能生活20年、歌手に俳優にと活躍中の星野がゲストに登場。バラエティー番組の出演が珍しい星野に、東野が交友関係を聞いてみると、スターの名前が次々飛び出す。そんな星野の1周回った疑問は、川田アナに関すること。実は9年ほど前、大阪のテレビで偶然、読売テレビ時代の川田アナを見た星野。一目見た時から、「すごい素敵な人」「絶対全国区になる」と思いを寄せていたそう。

果たしてなぜ星野が川田アナに興味を抱いたのか。番組で2人の過去を調べたところ、2人には“二度と戻りたくない学生時代”という共通点があった。

◆星野源“クソみたいな”曲のタイトルとは…

星野は、高校時代コミュニケーションが苦手という悩みから3カ月ほど学校に行けない状態に。

生活習慣を無理矢理規則正しくすることで、なんとか学校に行き始めた星野。そこでクラスメイトからあることに誘われ人生が一変する。

また、曲を作っても誰にも聞かせることがなかったため、未発表の“クソみたいな”曲があるという。「これクソみたいやったなっていうタイトルだけ教えて」と東野に聞かれ、告白した曲のタイトルに、ゲストの菊地亜美は思わず「重い」と引いてしまう。

◆世界的デザイナー・コシノジュンコの元へ

続くゲストは世界的デザイナーのコシノジュンコ。東野、川田アナ、岡田結実、ファーストサマーウイカがスタジオを飛び出し、コシノの店へ向かう。

そこで一行を待っていたのは、元卓球日本代表・福原愛。実は卓球が大好きなコシノと卓球が縁で知り合い、“親戚のおばちゃん”のように仲がいいという。そこで、福原もまじえて、世間の人が1周回って知らないコシノジュンコのプライベートをコシノの豪邸で解明。二児のママとして奮闘する、愛ちゃんの台湾生活も明らかになる。

さらにコシノは、24年前、まだ6歳だった福原に大好きな卓球で負けた雪辱を晴らしたいと、リベンジマッチを開催。2児のママになり卓球から少し遠ざかっている福原だが、意外なコシノの腕前に思わず本気のスマッシュが飛び出す。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top