【10月の火災保険料値上げ】最大鹿児島の+40.1% 加入保険を見直すチェックポイント  | NewsCafe

【10月の火災保険料値上げ】最大鹿児島の+40.1% 加入保険を見直すチェックポイント 

お金 マネーの達人
【10月の火災保険料値上げ】最大鹿児島の+40.1% 加入保険を見直すチェックポイント 

各新聞でも発表の通り、2019年10月、火災保険料の値上げが各保険会社そろって行われます。


損害保険各社で組織する「損害保険料率算出機構」が昨年の6月に、各保険会社が火災保険料を設定留守時の基準としている「参考準率」を平均5.5%引き上げたことが発表されていました。


火災保険は、参考準率がそのまま「値上げ幅」にはなりません


各保険会社が、この参考準率を基準に、保険の収支を見て、実際の保険料を決めるので、この10月の改定も各社ごとに値上げ幅は違います


ご参考に掲載しますが、各構造による参考準率の上り幅下がり幅は下記の通り。(料率算出機構より)



10月の火災保険値上げ

マンション構造(M構造)


東京:+20.4%

《鮫島 ひかる》

特集

page top