【MLB】ディマジオ、ウィリアムス…戦争でキャリアに影響を受けたメジャーリーガーたち | NewsCafe

【MLB】ディマジオ、ウィリアムス…戦争でキャリアに影響を受けたメジャーリーガーたち

スポーツ フルカウント
ヤンキースでプレーしたジョー・ディマジオ【写真:Getty Images】
■56試合連続安打のディマジオや4割打者ウィリアムスら多くの選手が戦地へ

 日本野球界は73人の職業野球選手が戦没するなど、第2次世界大戦で多くの人命を失った。一方、日本と戦ったアメリカの野球界も大きな痛手を受けた。

 戦争の影響を最も受けた野球殿堂入り選手は、ジョー・ディマジオとテッド・ウィリアムスだ。

 1936年にヤンキースでデビューしたディマジオは、1934年までプレーしたベーブ・ルースの後継者として、ルー・ゲーリッグとともに中軸を担った。強打と俊敏で優雅な外野守備から「ヤンキー・クリッパー(快速船)」の異名を取った。

 1941年には56試合連続安打のアンタッチャブルなメジャー記録を作った。しかし、この年の12月8日に日本とアメリカが戦争を始めると、翌1942年オフに陸軍に入隊。戦地には赴かなかったが、3年間、兵役につき、プレーから遠ざかった。46年に復員後もヤンキースのスターとして活躍したが、かかとの故障に苦しみ、51年に36歳で引退した。
《Full-count》

特集

page top