【高校野球】甲子園でまさか…次男の智弁和歌山と三男の星稜が対決 選抜Vの父はどこに座る? | NewsCafe

【高校野球】甲子園でまさか…次男の智弁和歌山と三男の星稜が対決 選抜Vの父はどこに座る?

スポーツ フルカウント
1993年、上宮(大阪)でセンバツ優勝時の主将だった黒川洋行さん【写真:編集部】
■1993年のセンバツ上宮高で全国制覇を成し遂げた時の主将、甲子園に愛された家族

 奈良・王寺でバッティングセンター「ドームスタジアム」を運営する黒川洋行さん。バッティングセンター内では野球教室も開催し、自習室という勉強部屋もあった。そして学習塾も併設。野球以外の大切なことも教え、子供たちの夢を後押ししている。

 黒川さんは1993年のセンバツ、上宮高(大阪)で全国制覇を成し遂げた時の主将で、上宮を卒業後は同志社大-ミキハウス-セガサミーと社会人野球で活躍。指導者の経験も持つなど、野球を心から愛する方だ。黒川さんを今でも慕うプロ選手も多い。

 先月、黒川さんのもとへ取材に伺った。長男・大雅君は日南学園(宮崎)で春夏連続甲子園に出場。次男・史陽君は智弁和歌山(和歌山)の主将を務め、5季連続出場を果たし、13日の2回戦で明徳義塾(高知)に勝利。三男・怜遠君はこの春、星稜(石川)に入学した1年生。息子3人が名門校の野球部員。どのような子育てをしたのかを聞いた。すでに記事や動画で紹介したが「(甲子園は)行って当たり前という風に育ててきました」「教えすぎないこと」「テレビを見ながら配球の勉強」など非常に興味深い内容だった。
《Full-count》

特集

page top