【MLB】菊池雄星、8戦連続白星なしに米記者苦言、地元ファンも限界? 「ケイ・イガワ二世」 | NewsCafe

【MLB】菊池雄星、8戦連続白星なしに米記者苦言、地元ファンも限界? 「ケイ・イガワ二世」

スポーツ フルカウント
タイガース戦に先発するも5失点KOされたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
■菊池は14日のタイガース戦で3回1/3、9安打5失点KO、31被本塁打は今季メジャーワーストタイ

■マリナーズ 11-6 タイガース(日本時間14日・デトロイト)

 マリナーズの菊池雄星投手が13日(日本時間14日)、敵地タイガース戦に先発。3回1/3を9安打5失点でKOされた。味方が勝ち越した直後の4回に2被弾などで降板。防御率は5.56に悪化し、メジャー最多タイの31本塁打を献上している日本人左腕に地元メディアやファンも徐々に厳しい意見が上がっている。ついにはヤンキースで不振だった「ケイ・イガワ二世」の声も飛び出した。

 日本人左腕が4回に大崩れした。先頭ヒックスにソロ弾を浴びると、ロジャースには逆転2ラン弾を許した。一死二、三塁と出血を止められずに菊池は降板を告げられた。

 8試合連続で白星なしとなった菊池に苦言を呈したのは米専門誌「ベースボール・アメリカ」などに寄稿しているジョー・ドイル記者だった。
《Full-count》

特集

page top