日ハム栗山監督、4番・清宮の代打に「あそこは仕方ない。確率が悪すぎる」 | NewsCafe

日ハム栗山監督、4番・清宮の代打に「あそこは仕方ない。確率が悪すぎる」

スポーツ フルカウント
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
■4点を追う8回2死満塁、変則左腕・松永で代打・横尾を送る

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は14日、ロッテ戦で「4番・一塁」で先発出場。4点を追う8回2死満塁の絶好機で代打・横尾を送られた。

 4-8で迎えた8回2死満塁。ネクストで控えていた清宮が首脳陣から呼び止められた。変則左腕・松永に対し、代打・横尾を送られた。ドーム内がどよめく中、高卒2年目は唇を噛んでベンチへ引き上げた。栗山監督は「あそこは仕方ないだろ。左の変形投手は」と説明した。

 4番として2試合連続スタメン出場した。初回1死一、二塁、3回2死二塁と2打席連続空振り三振に倒れたが、6回1死で四球、7回2死一塁では3試合連続安打となる右前打を放っていた。栗山監督は「全然ケースと状況が違うので。レギュラー選手だって、この左腕は代打を出すというのはあるからね。あそこで横尾がいけなかったら、横尾も良くないだろ。(清宮へ、こちらから)わざわざメッセージを送っている。ただ、あそこは確率が悪すぎるから」と話した。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top