【高校野球】鶴岡東が選抜準V習志野を破る 仙台育英は3投手継投勝利、関東一は接戦制す…14日の甲子園 | NewsCafe

【高校野球】鶴岡東が選抜準V習志野を破る 仙台育英は3投手継投勝利、関東一は接戦制す…14日の甲子園

スポーツ フルカウント
大会9日目の試合結果
■関東一は堅守で1点差逃げ切り、15日は台風10号の影響で全試合順延

 第101回全国高校野球選手権大会第9日は、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、仙台育英(宮城)、鶴岡東(山形)、関東一(東東京)が3回戦に進出した。これで3回戦に進出する16校が出揃った。15日は台風10号の接近に伴って全試合順延。3回戦は16、17日に行われる。

○鳴門(徳島) 5-8 仙台育英(宮城)

 仙台育英が鳴門を8-5で破った。初回に6安打4得点、4回にも2点を追加して6点リードと試合を優勢に進める。4回に5点を返されて1点差に迫られたが、6回、7回に1点ずつ加え、2年ぶりに3回戦に進出した。鳴門は、今大会でただ一人地方大会から6試合を1人で投げ抜いてきたエースの西野が、8回126球の力投。8回に代打を送られて交代し、球場は温かい拍手に包まれた。3年ぶりの3回戦進出はならなかった。

○習志野(千葉) 5-9 鶴岡東(山形)
《Full-count》

特集

page top