ネット銀行の「高金利」や「キャンペーン金利」は信頼できるか解説 ポイントは「預入期間」と「銀行の破綻リスク」 | NewsCafe

ネット銀行の「高金利」や「キャンペーン金利」は信頼できるか解説 ポイントは「預入期間」と「銀行の破綻リスク」

お金 マネーの達人
ネット銀行の「高金利」や「キャンペーン金利」は信頼できるか解説 ポイントは「預入期間」と「銀行の破綻リスク」

定期預金でお金を増やすのは難しいと言われる昨今ですが、「条件付きの定期」や「ネット銀行の定期」など、金利が高い定期が存在します。


同じ期間、定期を契約するならば、少しでもたくさんの利息を受け取りたいです。


しかし、通常の定期と比較して余りに金利が良いと、本当に信頼して良いのか不安になることもあると思います。


そこで今回は、高金利定期やキャンペーン金利定期について詳しく解説します。



ネット銀行の 「高金利」や 「キャンペーン金利」 は信頼できる?

1. 高金利定期の種類


ネット銀行の定期


定期預金高金利ランキングを見ると、ネット銀行の名前がズラリと並んでいます。


メガバンクの定期預金は、期間や金額に関係なく0.01%*1 となっています。


*1 参考元:ZAI オンライン【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ! おすすめネット銀行ランキング!


1位のオリックス銀行の5年定期は、0.35%もの金利がつきますので、その差35倍です


期間を1年としても0.2%と、とても高い金利を維持していることがわかります


例えば、金額100万円、期間5年の定期で考えてみましょう。


メガバンクに預けていた場合、利息は約400円程度です。


一方オリックス銀行の定期の場合、約1万4,000円もの利息を手にすることができます


ネット銀行の高金利には理由があります。


ネット銀行には店舗がなく、人員コストなども少なくてすみます。


普通の銀行と比較して高金利な定期預金を商品にしても利益が出る構造が、ビジネスモデルとして成り立っているのです。

《高崎 あおい》

特集

page top