【高校野球】甲子園でのサイクル安打は至難の業 達成者は夏6人、春1人 | NewsCafe

【高校野球】甲子園でのサイクル安打は至難の業 達成者は夏6人、春1人

スポーツ フルカウント
大会8日目、敦賀気比・杉田が夏の甲子園6人目のサイクル安打を達成した
■杉田は15年ぶりの快挙 試合に敗れたのは1例だけ

 第101回全国高校野球選手権大会第8日の13日、敦賀気比(福井)と国学院久我山(西東京)が激突した第4試合で敦賀気比・杉田翔太郎内野手(3年)がサイクル安打を達成した。夏の甲子園では史上6人目で、選抜高校野球では1人だけ。

【夏の甲子園のサイクル安打】

■1949年(第31回)8月14日 1回戦 ○平安(京都)18-7●盛岡(奥羽・岩手)

 平安・杉山慎二郎(3年)が達成。ただし日本では1965年に阪急のダリル・スペンサーがサイクル安打を紹介するまでその概念がなかったため注目されることはなかった。この年の平安は2回戦で柳井(西中国・山口)に敗退。杉山は日大を経て内野手として大映スターズに入団するも、通算32安打0本塁打で終わった。

■1975年(57回)8月10日 2回戦 ○土佐(南四国・高知)8-1●桂(京都)

 土佐・玉川寿が達成。この記録はメディアでも大きく取り上げられた。土佐は3回戦で上尾(埼玉)に敗退。玉川は慶大に進み、77年秋に外野手、79年春、80年秋には一塁手でベストナインに。卒業後は日本石油(現JX-ENEOS)の主力として活躍した。
《Full-count》

特集

page top