ロッテ東妻が2勝目、智弁和歌山の弟・純平の特大弾に刺激「すごいパワーしてる」 | NewsCafe

ロッテ東妻が2勝目、智弁和歌山の弟・純平の特大弾に刺激「すごいパワーしてる」

スポーツ フルカウント
ロッテ・東妻勇輔【写真:荒川祐史】
■4番手で登板して3者凡退の好投「2勝も取れると思っていなかった」

■ロッテ 6-1 日本ハム(13日・東京ドーム)

 ロッテ・東妻勇輔投手が13日、日本ハム戦(東京ドーム)で同点の8回に4番手で登板。4番・清宮から始まる打線を3者凡退に抑えると、9回に味方打線が勝ち越しに成功し、プロ2勝目を手にした。

 先発・石川の粘投を、東條、松永とつなぎ、1-1の同点で迎えた8回。「勝ち運を持ってこれるピッチャー」だと、井口監督が評価するドラフト2位ルーキー・東妻がマウンドへ。先頭打者は、この日登録抹消となった日本ハム・中田に代わり、初の4番に座った清宮。「こういった場面で任されるようになったので、きょうはいつも以上に注意深く入った」と、初球を自慢の直球ではなくフォークで入り空振りを奪うと、カウント2-1とボール先行からシュートを打たせて左飛。続く5番・渡邉を遊撃ゴロ、6番・谷口も左飛に仕留め、4番から始まる好打順を3人できっちり抑えたことに「一歩ずつですが成長できていると思います」と手応えを感じていた。
《Full-count》

特集

page top