鷹5連勝、ハム7連敗、西武-オリは大乱闘&3人退場の大荒れ…13日のパ・リーグ | NewsCafe

鷹5連勝、ハム7連敗、西武-オリは大乱闘&3人退場の大荒れ…13日のパ・リーグ

スポーツ フルカウント
オリックス-西武戦で両軍が入り乱れる大乱闘が発生【画像:パーソル パ・リーグTV】
■ロッテは連敗4でストップ、楽天弓削はプロ初黒星

 プロ野球のパ・リーグは13日、3試合が行われ、ソフトバンク、ロッテ、西武が勝利。西武-オリックス戦では、大乱闘をきっかけに3人が退場する大荒れの一戦となった。

 首位ソフトバンクは敵地で楽天に3-0で快勝し、5連勝を飾った。初回にデスパイネの遊ゴロの間に1点を奪うと、2回に重盗で追加点を奪取。先発・高橋礼が6回2/3を7安打無失点の好投を見せ、救援陣も無失点でつないだ。8回にはデスパイネがダメ押しの30号ソロ。高橋礼は初の2桁勝利となる10勝目(3敗)を挙げた。楽天先発の弓削は6回2失点の好投も打線の援護がなく、プロ初黒星を喫した。

 ロッテは東京ドームでの日本ハム戦に6-1で競り勝ち、連敗を4で止めた。1点を追う7回に無死二塁から角中の右前適時打で同点に追いつくと。9回は1死満塁から中村奨の中前2点打で勝ち越し。さらに、平沢の右中間2点三塁打、細川の左前適時打が飛び出し、打者10人の猛攻で5安打5得点。65日ぶりに先発した石川が6回1/3で8安打1失点とゲームを作った。主砲の中田が右手母指球部挫傷で2年ぶりに出場選手登録を外れた日本ハムは、清宮を4番に抜擢も8安打1得点に終わり、今季ワースト7連敗を喫した。
《Full-count》

特集

page top