巨人、劇的サヨナラ勝ちで連敗ストップ 重信が殊勲の決勝打 | NewsCafe

巨人、劇的サヨナラ勝ちで連敗ストップ 重信が殊勲の決勝打

スポーツ フルカウント
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
■同点で迎えた9回無死一、二塁で左越えの一打を放つ

■巨人 6-5 ヤクルト(23日・京セラドーム)

 巨人が劇的なサヨナラ勝ちで連敗を4で止めた。京セラドームでの開催となったヤクルト戦。5-5の同点で迎えた9回無死一、二塁で重信が左翼越えのサヨナラ打を放って、接戦に終止符を打った。

 初回に岡本、亀井、陽岱鋼の3連続適時打などで大量4点を先制した巨人。4回には亀井の内野ゴロの間に1点を加えてリードを広げた。先発の山口は7回までヤクルト打線を2点に抑えていたが、8回につかまった。四球と安打で2死一、二塁で降板となると、代わったデラロサが青木に3ランを浴びて追いつかれた。

 だが、9回、先頭の岡本が中前安打、続くビヤヌエバのバントを村上が失策。無死一、二塁となると、重信が左翼手の頭上を超えるサヨナラ打を放った。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top