試合終了も…古田敦也氏がまさかの“泣きの1イニング” ヤクルトOB戦で“延長戦” | NewsCafe

試合終了も…古田敦也氏がまさかの“泣きの1イニング” ヤクルトOB戦で“延長戦”

スポーツ フルカウント
「GOLDEN 90's」が「Swallows LEGENDS」に懇願し“泣きの1イニング”の延長戦に突入【写真:荒川祐史】
■開始時天候不良で5回終了予定も…ベンチ前に向かい“お願い”

 ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。若松勉監督率いる「Swallows LEGENDS」が野村克也監督率いる「GOLDEN 90’s」を6-3。特別ルールの5回で終了し、勝利したと思ったが、予想外の展開が待っていた。

 5回裏、最後の打者・古田敦也氏がクローザーの林昌勇氏に打ち取られた。しかし、古田氏はチームメートの真中満氏らと何やら作戦会議。三塁ベンチの敵将・若松監督、大矢明彦氏にまさかのお願い。「もう1イニングお願いします!」とチームみんなで頭を下げて、試合延長となった。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top