国分太一“自殺未遂”をHARAに尋ねて批判続出「デリカシーなさ過ぎ」 | NewsCafe

国分太一“自殺未遂”をHARAに尋ねて批判続出「デリカシーなさ過ぎ」

芸能 まいじつ/entertainment
国分太一“自殺未遂”をHARAに尋ねて批判続出「デリカシーなさ過ぎ」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 


6月26日の『テレビ東京音楽祭』で司会を務めた国分太一のコメントに、批判的な意見が多く集まった。出演者の過去のスキャンダルを次々と蒸し返す国分に「いらないことを言うな」などの声が寄せられた。


【関連】自殺騒動の元『KARA』ク・ハラに日本での活動を推奨する声「あっちは闇が深い」 ほか

同番組には5時間にわたり、総勢37組ものアーティストが出演。司会の国分は広末涼子とタッグを組んだ。演者として、元『モーニング娘。』の辻希美と加護亜依からなる『W(ダブルユー)』が13年ぶりの歌番組出演を果たした場面では、国分は加護に「久しぶりだね」と声を掛け、「いろいろありましたけど、久しぶりに組んだ感想は?」と、過去のスキャンダルを思い起こさせかねない質問を投げ掛けた。加護は過去の騒動には触れず、「久しぶりという感じがしない」と笑顔を見せた。


 


《まいじつ》

特集

page top