【MLB】「球界からいなくなった方がいい」元巨人キャプラー監督退場、ファンは球審批判 | NewsCafe

【MLB】「球界からいなくなった方がいい」元巨人キャプラー監督退場、ファンは球審批判

スポーツ フルカウント
抗議するフィリーズのキャプラー監督【写真:Getty Images】
■キンガリーへの死球で警告試合、抗議でベンチを出たキャプラー監督に退場宣告

■フィリーズ 7-5 メッツ(日本時間26日・フィラデルフィア)

 25日(日本時間26日)にフィラデルフィアで行われたフィリーズ対メッツ戦で、2005年には巨人に在籍したフィリーズのゲーブ・キャプラー監督が退場を宣告されるハプニングがあった。ファンは退場を宣告した球審のジョー・ウエスト審判員に対し「酷い」と批判を強めている。

 指揮官が退場となったのは、6回のフィリーズの攻撃中だった。2死一塁で打席に立ったキンガリーは、メッツのウィルマー・フォント投手から左肩付近に死球を食らった。MLB公式サイトによると、球審のウエスト審判員は両チームに警告を宣告。両ベンチに出された警告に対して疑問を呈したキャプラー監督はベンチを出た。

 キャプラー監督に対し、ベンチへ戻るように指示したウエスト審判員だったが、キャプラー監督が歩みを進めてくると、次の瞬間、退場を宣告した。突然の退場宣告にキャプラー監督は激昂。ウエスト審判員に駆け寄ると、猛烈な勢いでまくし立てて抗議を行った。
《Full-count》

特集

page top