お蔵入り回避か!? 謹慎処分の宮迫が“異様”だった『炎の体育会TV』 | NewsCafe

お蔵入り回避か!? 謹慎処分の宮迫が“異様”だった『炎の体育会TV』

芸能 まいじつ/entertainment
お蔵入り回避か!? 謹慎処分の宮迫が“異様”だった『炎の体育会TV』

(C)まいじつ


6月24日の午後3時過ぎ、『雨上がり決死隊』宮迫博之ら芸人11人の謹慎処分が、所属の吉本興業から発表された。


【関連】『アメトーーク!』からスポンサー離れ? CM構成の変化に疑問の声続出 ほか

実は発表直前の22日、宮迫がレギュラー出演していたTBS系バラエティー『炎の体育会TV』で、「宮迫の発言がほぼカットされている」と話題になっていた。


既に各メディアでも報じられているように、宮迫は反社会的勢力への〝闇営業〟問題が取り沙汰されていた人物。しかし同報道によって解雇という制裁を受けたのは、仲介役として最も重い役割を担ったとされる『カラテカ』の入江慎也のみで、報道がでた直後は、宮迫など他の芸人らは厳重注意される程度にとどまっていた。


だが、24日に状況が一変。これまで反社会的勢力から〝金銭を受け取っていない〟と主張していた宮迫たちだったが、吉本は〝金銭を受け取った〟と判断し、宮迫たち11人を謹慎処分にしたのだ。


《まいじつ》

特集

page top