【MLB】大谷翔平、ファンに危険知らせる咄嗟の行動 米TV局の動画が異例の再生回数に | NewsCafe

【MLB】大谷翔平、ファンに危険知らせる咄嗟の行動 米TV局の動画が異例の再生回数に

スポーツ フルカウント
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
■20日のブルージェイズ戦でも、大谷はファウルの際に危険を知らせるために“絶叫”

■エンゼルス 11-6 ブルージェイズ(日本時間20日・トロント)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で8試合連続スタメン出場し、6打数2安打で今季14度目のマルチ安打を記録した。第2打席の内野安打で7試合ぶり安打とすると、第4打席では左前への二塁打。エンゼルスも3連勝を飾って、66日ぶりに貯金1とした。

 第1打席は一ゴロに倒れて迎えた第2打席は高いバウンドの一塁へのゴロを快足を飛ばして内野安打に。第3打席は左飛に倒れたものの、第4打席には左翼線へのヒット。またしても俊足を武器に左前への打球を二塁打とした。第5打席は三振、第6打席は9回2死満塁の絶好機で打席に立ったが、惜しくも右飛に倒れた。

 2試合ぶりに安打を放った大谷だが、この日も咄嗟に大声を張り上げた。内野安打を放った第2打席。初球。93.2マイル(約150キロ)を弾き返すと、打球は三塁ファウルゾーンへの痛烈な打球に。打った直後に大谷は大声を張り上げた。ファンに危険を知らせるための行動で、前日にも同様のシーンがあった。
《Full-count》

特集

page top