【高コスパ駅そばチェーン】ピリッとした辛みとゴマの風味香る『爽亭』の「冷し坦々そば」が夏にぴったりの爽やかさ! 立ち食いそば放浪記:第170回 | NewsCafe

【高コスパ駅そばチェーン】ピリッとした辛みとゴマの風味香る『爽亭』の「冷し坦々そば」が夏にぴったりの爽やかさ! 立ち食いそば放浪記:第170回

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【高コスパ駅そばチェーン】ピリッとした辛みとゴマの風味香る『爽亭』の「冷し坦々そば」が夏にぴったりの爽やかさ! 立ち食いそば放浪記:第170回

【高コスパ駅そばチェーン】ピリッとした辛みとゴマの風味香る『爽亭』の「冷し坦々そば」が夏にぴったりの爽やかさ! 立ち食いそば放浪記:第170回


梅雨の合間に見える青空に夏の足音が聞こえる今日この頃。雲の向こう側にはすでに夏がやって来ている。今年も暑くなりそうだ。


そして、夏と言えば冷やしそば。ただでさえ、夏バテでもツルッといけて嬉しい冷やしそばだが、駅そばチェーン『爽亭』が夏にぴったりなメニューを開始しているためお伝えしたい。その名の通り爽やかだ!


・高コスパそばチェーン
池袋、上野、荻窪、国分寺などにチェーン展開するこの店。私が訪れたのは、JR上野駅7・8番線ホームにある『爽亭』である。


かつて、プラス150円でかき揚げ天、ごぼう天、春菊天など7種類のトッピングが「のせ放題」となる期間限定サービスも話題となった。そんな高コスパ駅そばチェーンが、夏に向けて新メニューを展開していたため注文してみた。


・冷し坦々そば
その名も「冷し坦々そば(税込480円)」。名前の通り、担々麺の冷やしそばバージョンである。お腹が空いていたためプラス110円で麺大盛にしてみた。つゆは底にゴマダレが溜まっている程度で、そぼろと紅生姜がちょんと乗っている。つゆとそぼろの量足りるのかな? と思ったのだが……


ひと口食べると濃厚なゴマの風味。そして、そのまろやかなゴマダレの味の中に、ピリッとしたそぼろがアクセントをつける。ウマイ! じゃんじゃん食べられる味である。と思いきや、食べ進めていくうちにある変化が起こった


辛っ! 食べれば食べるほどに辛ェェェエエエ!! 最初はゴマダレが全面に出ていたが、後からじわじわと追いついて来る辛さだ。半分くらい食べた今となっては口の中がカッカしている。だが、それだけに……


そばの冷たさが心地いい


追いつくどころか追い越しをかけてくるような辛さにそばがさらに進む! 一気に食べ終わってしまったが、口の中はフレッシュ。こののど越しこそそばである


・ナイスコンビネーション

《ロケットニュース24》

特集

page top