【MLB】大谷翔平に敵地解説も惚れ惚れ「見た目もイケメン」「偉大であり続ける」 | NewsCafe

【MLB】大谷翔平に敵地解説も惚れ惚れ「見た目もイケメン」「偉大であり続ける」

スポーツ フルカウント
3ランを含む2安打3打点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
■敵地ブルージェイズ戦で9号3ラン含む今季13度目のマルチ安打

■エンゼルス 10-5 ブルージェイズ(日本時間18日・トロント)

 17日(日本時間18日)に行われた敵地ブルージェイズ戦で4試合ぶりの9号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場すると、第2打席で逆方向の左翼スタンドへとアーチをかけた。第4打席には二塁打を放ち今季13度目のマルチ安打を記録した。

 2回に9号3ランを放った大谷。8点リードで迎えた6回、先頭のトラウトが20号ソロを放ち、今季5度目、通算9度目となる「トラウタニ弾」となると、この一打に大谷も続いた。直後の第4打席、5球目のカーブを捉えた打球は中前右へ。快足を飛ばし一気に二塁を陥れた。

 敵地トロントで試合中継するテレビ局「スポーツネット」で解説を務めているブルージェイズのバック・マルティネス元監督は対戦チームの大谷を「途方もない野球選手」「見た目もイケメンだ」と手放しで絶賛した。
《Full-count》

特集

page top