『ラジエーションハウス』最終回に疑問の声続出「全員の人間性疑う」 | NewsCafe

『ラジエーションハウス』最終回に疑問の声続出「全員の人間性疑う」

芸能 まいじつ/entertainment
『ラジエーションハウス』最終回に疑問の声続出「全員の人間性疑う」

(C)metamorworks / Shutterstock 


フジテレビ〝月9〟ドラマ『ラジエーションハウス』の最終回が6月17日に放送された。この日、窪田正孝演じる放射線技師の主人公が医師免許を持つことを周囲にカミングアウトし、初めて自ら治療に当たったが、その後、放射線技師らが窪田に厳しく接するシーンが放送された。視聴者からは「(周囲の)人間性を疑う」との声も飛んでいた。


【関連】本田翼『ラジエーションハウス』の演技が「子役よりも下手クソ」と酷評 ほか

窪田演じる唯織は、米国で放射線科医からのお墨付きを得た放射線技師。医師免許も持っていたが、病院では院長・大森(和久井映見)に技師として働きたいと懇願。医師でもあることを隠しながら勤務していた。


最終回ではヒロイン・杏(本田翼)の父・正一(左戸井けん太)が病院に運ばれた。院内の医師が経験したことがない手術が必要と判明。当初は他病院から医師を派遣することになっていたが、正一の容態が急変する。一刻を争う中でも、院内の医師らは手術を拒否し、ついに娘の杏が「私がやります」と手を挙げた。「肉親を治療する際は冷静さを失う」と指摘されながらも施術に当たった杏は手が震え、冷静さを失った様子を見せた。


《まいじつ》

特集

page top