西と大瀬良はわずか2687票差、阪神最多5人が“圏内”…球宴ファン投票 | NewsCafe

西と大瀬良はわずか2687票差、阪神最多5人が“圏内”…球宴ファン投票

スポーツ フルカウント
広島・大瀬良大地(左)と阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】
■中日は“圏内”ゼロ、三塁手の高橋周平が17万票超獲得も…

 日本野球機構(NPB)は17日、「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票結果の最終中間発表を行った。5月24日から始まったファン投票受付は6月16日に締め切られた。中間発表は5月27日から平日毎日行われ、この日が最終中間発表。6月24日に最終結果が発表される。

 最終中間発表の結果を見ると、阪神が先発の西勇輝、中継ぎのピアース・ジョンソン、捕手の梅野隆太郎、三塁手の大山悠輔、外野手2位の近本光司と、最多の5選手が選出圏内に位置している。

 阪神に続くのが、西武とソフトバンク。西武は捕手の森友哉、一塁手の山川穂高、外野手1位の秋山翔吾、ソフトバンクは先発の千賀滉大、遊撃手の今宮健太、故障中ながら外野手3位の柳田悠岐と3選手はランクインしている。

 パ・リーグは日本ハムが中継ぎの宮西尚生、指名打者の近藤健介、楽天が抑えの松井裕樹、二塁手の浅村栄斗の2人ずつ、ロッテが三塁手のブランドン・レアード、オリックスが外野手2位の吉田正尚と6球団全てから圏内に入っている。
《Full-count》

特集

page top