DeNA宮崎、負傷交代のアクシデント 甲斐野の抜けたフォークが左手甲付近直撃 | NewsCafe

DeNA宮崎、負傷交代のアクシデント 甲斐野の抜けたフォークが左手甲付近直撃

スポーツ フルカウント
9回に死球を受けたDeNA・宮崎敏郎【画像:(C)PLM】
■治療のためベンチへ下がると、ラミレス監督は代走・石川を送る

■ソフトバンク – DeNA(交流戦・16日・ヤフオクドーム)

 DeNAの宮崎敏郎内野手が16日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦で負傷交代するアクシデントに見舞われた。

 2-2の同点で迎えた9回だった。2死走者なしでの第4打席。1ボールからの2球目、ソフトバンク4番手のドラフト1位ルーキー甲斐野が投じたフォークが抜け、左手甲付近を直撃。宮崎は、患部を押さえたまま、グラウンドに倒れこんだ。

 治療のためベンチへと下がると、すぐさま、アレックス・ラミレス監督は球審に代走・石川を告げた。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top