亀梨和也“影が薄い”は的外れ!?「飛び出さないようにしていたんです」 | NewsCafe

亀梨和也“影が薄い”は的外れ!?「飛び出さないようにしていたんです」

芸能 まいじつ/entertainment
亀梨和也“影が薄い”は的外れ!?「飛び出さないようにしていたんです」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ


現在放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)で女優の二階堂ふみとダブル主演を務めるも、あまりの存在感のなさから「主演とは言えないのでは」「全く目立っていない」などと評されてしまっている『KAT-TUN』亀梨和也。しかし、ドラマが終盤に突入したこの段階で、視聴者の見る目が徐々に変わってきているようだ。


【関連】ジャニーズの若き幹部T氏を悩ます亀梨和也のダメ俳優ぶり ほか

同ドラマで亀梨が演じているのは、二階堂演じる年下の上司・姫川玲子を支える部下・菊田和男。しかし、リメーク版の宿命か前作の菊田役・西島秀俊とは何かにつけて比較されており、中でも「影が薄い」との批判をかなり多く浴びてしまった。


そんな評判がすっかり定着していた6月初旬、複数の地方紙はエンタメ記事にて同ドラマをピックアップし、亀梨が撮影にあたって受けていたインタビューを掲載。亀梨の口からは菊田を演じることへの思いなどが語られていたが、各紙のタイトルには、何と〝存在感のなさ〟との文字が一様に躍っていた。


《まいじつ》

特集

page top