西武高橋光、3年ぶり完投で7勝目「自信になる」 燕バレと直球勝負で153キロ | NewsCafe

西武高橋光、3年ぶり完投で7勝目「自信になる」 燕バレと直球勝負で153キロ

スポーツ フルカウント
西武・高橋光成【写真:荒川祐史】
■第1、2打席でバレンティンに四球も…4度目の打席は「何としても勝負をしたかった」

■西武 11-1 ヤクルト(交流戦・14日・メットライフ)

 西武の高橋光成投手が14日のヤクルト戦(メットライフ)に先発し、9回1失点の完投勝利でチームトップの7勝目をあげた。

 自身4連勝中だった高橋光が、この日も快投でチームを勝利に導いた。初回に味方打線が3点を先制すると、4回には打線が爆発し大量11点の援護点を右腕にプレゼント。高橋光は走者を出しながらも併殺を4度奪うなど粘りの投球で9回を1失点で投げ抜き、3年ぶりの完投勝利で7勝目を挙げた。

 セ・リーグの強打者を相手に再び燃えた。前回登板の7日DeNA戦(横浜)では4番・筒香からストレートで空振り三振を奪っていた高橋光。この日はヤクルトの4番・バレンティンに対しては1打席目、2打席目と四球で歩かせていた。3打席目は三ゴロに抑えたが、8回に2死満塁の場面で4度目の対戦を迎えるとギアを上げた。
《Full-count》

特集

page top