「あそこまで早い投手はパにいない」―鷹・工藤監督が語った虎・青柳攻略の難しさ | NewsCafe

「あそこまで早い投手はパにいない」―鷹・工藤監督が語った虎・青柳攻略の難しさ

スポーツ フルカウント
阪神・青柳晃洋【写真:荒川祐史】
■ホークス打線はわずか4安打しか放てず完敗、森ヘッドコーチは「イメージと違った」

■阪神 8-2 ソフトバンク(交流戦・12日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは12日、本拠地ヤフオクドームでの阪神戦で8-2と完敗した。打線が阪神先発の青柳の前にわずか4安打しか打てずに、先発の和田を援護できなかった。日本ハムにかわされ、パ・リーグ3位に転落、交流戦首位からも陥落した。

 打線が繋がらない。前日はメッセンジャーら阪神投手陣の前に5安打2得点に終わったソフトバンク打線。この日も青柳の右サイドハンドから繰り出すボールに苦戦した。奪った得点は3回の適時内野安打と6回のソロ本塁打の2点だけ。そのどちらも1番に入った福田が叩き出したものだった。

 福田が2安打、残る2本は4回のグラシアルの右前安打、そして5回の明石の中前安打だけ。4番のデスパイネ、5番の松田宣、7番の内川とポイントゲッターとなるべき主軸が2試合連続で無安打に終わった。
《Full-count》

特集

page top