「合意なきEU離脱」辞さず=次期英首相最有力ジョンソン氏 | NewsCafe

「合意なきEU離脱」辞さず=次期英首相最有力ジョンソン氏

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ロンドン時事】メイ英首相の後任を決める与党・保守党の党首選で最有力候補のジョンソン前外相は12日の演説で「(期限の)10月31日に欧州連合(EU)を離脱しなければならない」と述べ、混乱を招く「合意なき離脱」も辞さない強硬な姿勢を示した。
 党内にはEUとの緊密な関係の維持を望む議員も多い。ジョンソン氏は「合意なき離脱を目指しているわけではない」と理解を求めたが、「(離脱の)延期は敗北だ」と強調。議会で否決された離脱案の見直しをめぐるEUとの協議が不調に終わっても、離脱の先送りは許されないと訴えた。
 その上で「英国は偉大な国だ。われわれには挑戦を受けて立つ能力がある。ガッツと勇気が必要だ」と主張し、聴衆から大きな拍手を浴びた。
 党首選には計10人が立候補。13日に候補者を絞り込むための議員投票が始まる。一般党員による投票を経て、勝者は7月下旬までに決まる。   【ロンドン時事】メイ英首相の後任を決める与党・保守党の党首選で最有力候補のジョンソン前外相は12日の演説で「(期限の)10月31日に欧州連合(EU)を離脱しなければならない」と述べ、混乱を招く「合意なき離脱」も辞さない強硬な姿勢を示した。
《時事通信社》

特集

page top