参院鹿児島、無所属に=除籍衆院議員へ対抗馬―国民民主 | NewsCafe

参院鹿児島、無所属に=除籍衆院議員へ対抗馬―国民民主

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 国民民主党は12日の総務会で、参院選鹿児島選挙区(改選数1)に立候補する新人で行政書士の合原千尋氏(39)の公認内定を取り消した。社民党が競合する候補者を取り下げる条件として、国民側に無所属での擁立を求めていたため。比例代表では、元横浜市議の酒井亮介氏(47)と元衆院議員秘書の中沢健氏(64)の両新人の擁立を決定した。
 次期衆院選岡山4区には、元岡山県議の三宅和広氏(44)の公認を内定。同党を除籍された柚木道義氏への対抗馬となる。   国民民主党は12日の総務会で、参院選鹿児島選挙区(改選数1)に立候補する新人で行政書士の合原千尋氏(39)の公認内定を取り消した。社民党が競合する候補者を取り下げる条件として、国民側に無所属での擁立を求めていたため。比例代表では、元横浜市議の酒井亮介氏(47)と元衆院議員秘書の中沢健氏(64)の両新人の擁立を決定した。
 次期衆院選岡山4区には、元岡山県議の三宅和広氏(44)の公認を内定。同党を除籍された柚木道義氏への対抗馬となる。 
《時事通信社》

特集

page top