伊藤かりん、乃木坂46選抜ライブに”さゆりんご軍団”としてサプライズ出演「武道館の夢は諦める気はない」 | NewsCafe

伊藤かりん、乃木坂46選抜ライブに”さゆりんご軍団”としてサプライズ出演「武道館の夢は諦める気はない」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
伊藤かりん、乃木坂46選抜ライブに”さゆりんご軍団”としてサプライズ出演「武道館の夢は諦める気はない」
 5月26日に神奈川・横浜アリーナにて開催された乃木坂46ライブ「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 -選抜ライブ-」に、伊藤かりんがサプライズで登場した。


 本公演は24日から3日間に渡り開催された、乃木坂46のニューシングル『Sing Out!』リリース記念ライブの最終公演。伊藤は初日のアンダーライブに出演し、満員の観客の前で乃木坂46としてのラストステージを飾ったが、今回、伊藤が所属する”さゆりんご軍団”の軍団長である松村沙友理がオファーをかけて、出演が実現した。

 ライブも終盤に差し掛かる頃、松村が「ここからは私のコーナーでーす」と元気いっぱいにオーディエンスに挨拶。さゆりんご軍団の軍団員である、佐々木琴子、寺田蘭世をステージへと呼び込むと、続けて松村は「あれ? 3人だけ? と思ったら…伊藤かりんちゃん!」と大声で叫び、伊藤をステージへと呼び込んだ。このサプライズの登場に会場が大歓声に包まれる中、伊藤は恐縮した表情を見せながら、「よろしくお願いします」と挨拶した。軍団全員が揃うと、ステージ上で決めポーズと円陣を行ってから『白米様』『さゆりんご募集中』の2曲が届けられ、パフォーマンス中、客席は真っ赤なサイリウムで染まっていた。

 2曲を歌い終え伊藤が「すいません、出させてもらっちゃって」と恐縮した様子を見せると、ファンからは割れんばかりの大歓声をもらっていた。熱烈な歓迎ムードの中、松村が「かりんちゃん、今日誕生日ですよね?」と切り出すと、舞台袖から将棋の駒「香車」を模ったバースディケーキが登場。会場にいる全員でバースディソングを合唱し、場内は一気に祝福ムードに包まれた。

 それから松村が「私からプレゼントもあります。手紙を書いてきました!」と発し、以下のような手紙を伊藤に向け読み上げた。

-松村沙友理から伊藤かりんへの手紙-
 かりんちゃん、お誕生日おめでとう。そして、乃木坂46の活動お疲れ様でした。一昨日のアンダーライブで、かりんちゃんが言い残すことがないようにと手紙にしたためていたので、それをパクることにしました。
 かりんちゃん、私はかりんちゃんに憧れることがたくさんあります。誰もが知っている有能さ、そしていつでも前を向ける強い力。私はそんなかりんちゃんが欲しくて、さゆりんご軍団に加入させました。決して撮影係ではありません。

 さゆりんご軍団はどうでしたか? 誰もいないデパートの屋上で踊らせたり、すぐ他人の曲をパクったり、私のやりたいことばかりをやらせて面倒臭くなかったかなぁ? 今日もこうして、折角の晴れた日曜日に呼び出してしまってすいません。でもみんなが集まってくれて軍団長はとっても幸せです。

 今まで本当に本当にかりんちゃんには助けられました。私のしょうもないアイデアを形にしてくれたり、くだらない相談にのってくれたりしてくれて本当にありがとう。4人で楽しいことをたくさんしたよね。
 でもね、かりんちゃん。まだ足りないと思いませんか? かりんちゃんとやりたいこと、まだまだたくさんあります。だからわがままな軍団長から最大のわがままを言わせてください。かりんちゃん、乃木坂は卒業してもさゆりんご軍団は卒業しないでください。そんなのは簡単じゃないことはわかっています。でも軍団長は本気です。これからも永遠にかりんちゃんの席は空けておきます。だから来たいときはいつでも来てください。私たちにはかりんちゃんが必要です。かりんちゃんがいないと、まともな人間が1人もいなくなってしまいます(笑)。

 なによりも私たち軍団員はとっても寂しがりやで、かりんちゃんがいないととっても寂しいです。長くなりましたが、私たちはかりんちゃんの今後の人生をたくさん応援しています。でも”さよなら”はしません。これからさゆりんご軍団として、一緒に楽しいことしようね。

 何が言いたいのかよくわからないかもしれないけれど、私たちはとにかくかりんちゃんが大好きだってことが伝わったらいいな。

 時に松村らしい口調になりながらもまっすぐな思いを受けて、伊藤は「ありがとう。さゆりんご軍団に入ることができて本当に幸せだったし、入れられた時はどうしようかなと思ったんですけど(笑)。楽しいバカ~な思い出ばかりできて幸せでした。私も抜ける気はないし、さゆりんご軍団の武道館の夢は諦める気はないので、開催は50年後とかになっちゃうかもしれないけど、皆さん生き延びて遊びに来てください! 本当にありがとうございました!」と満面の笑みで軍団員や客席に感謝の気持ちを伝えていた。
《AbemaTIMES》

特集

page top