キスで相性がわかる!?キスの相性がいい相手と悪い相手の特徴 | NewsCafe

キスで相性がわかる!?キスの相性がいい相手と悪い相手の特徴

恋愛 Grapps/恋愛
キスで相性がわかる!?キスの相性がいい相手と悪い相手の特徴

キスで相性がわかる キスの相性がいい相手と悪い相手


 


キスで相手との相性がわかるって本当!?


キスをしていると心地よく感じたり、この人とずっと一緒にいたい、好きという気持ちがこみ上げてくるといった経験のある人も多いのではないでしょうか。逆にキスの相性が悪いと感じ、好きなのにキスをしたくない、キスを避けたいと思ってしまうなどということもあるのではないでしょうか。せっかく縁がありお付き合いすることができたのに…と悩む人も多いポイントでしょう。こちらではキスの相性がいい相手と悪い相手の特徴について解説していきます。


キスの相性がいい相手の特徴3選


キスで相性がわかる キスの相性がいい相手と悪い相手


キスの相性が良いと感じる人に当てはまる特徴を3つご紹介します。もしかしたらあなたがキスをして幸せを感じる理由が当てはまるかもしれませんね。キスの相性が良いと相手との関係もうまくいくことも。特徴を見ていきましょう。


(1) 心地よく感じ癒される


キスをすることで心地よく感じるという人は、相手とキスの相性が良いと言えるでしょう。またキスをすることで心が満たされたり、癒されるという人も相性が良い証拠です。こう言った場合は一方的に癒されるのではなく、お互いに癒されるということが多く、同じような思いを感じていると言えるでしょう。


(2) 長時間キスができる


相手とキスをするときに、長時間キスをしたいと思ったり、長時間キスを出来るということに嬉しさを感じるという人も相性が良い証拠と言えるでしょう。キスをするのが嫌だという人もいる中、長時間のキスを嬉しく感じるということは、キスに対しての歩調があうということになります。長時間のキスで癒されるのは素敵なことですね。


(3) 幸せな気持ちになり気持ちよく感じる


キスをするだけで幸せな気持ちになれるということはとても幸せなことですよね。相性が良い相手であれば、キスは幸せを感じるものです。そして幸福感が満たされるだけでなく、気持ちいいと感じるようになります。セックスをしたいと感じることもキスの相性が関係してくるのかもしれませんね。


キスの相性が悪い相手の特徴3選


キスで相性がわかる キスの相性がいい相手と悪い相手


キスの相性が悪い相手の特徴とはどのようなことがあるのでしょうか。キスの相性が悪い相手とはキスの雰囲気になった時に避けてしまったり、困ってしまった経験のある人はキスの相性が良くないと言えるかもしれませんね。どうしてキスをすることが嫌なのだろうと悩んでた人は、キスの相性が悪い相手の特徴を知ることで、キスの相性が悪いからだとすっきりした気持ちになることでしょう。こちらではキスの相性が悪い相手の特徴を3つご紹介します。


(1) タイミングや雰囲気が合わない


キスのタイミングがいつも合わず、キスをしてほしい時に男性からのキスがなく、さびしくなってしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか。また、キスをするときのシチュエーションやムードが全く合わず辛い思いをしたことがある人もいるでしょう。タイミングやムードが合わないことでキスをすることが嫌になってしまう場合は、相手に自分がキスしたいタイミングやシチュエーションをそれとなく伝える工夫が必要でしょう。


(2) 嫌な気分になる


キスをするだけで嫌な気分になってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。本来キスをするということは幸せで素敵なことなのに、どうしてこのような気持ちになってしまうのだろうと悩んでしまうかもしれません。しかし、キスをするのが嫌になってしまうということは、よくあることです。キスの相性が悪いからといって、性格の相性も悪いとは限らないので、あまり気を落とさずに、キス以外のコミュニケーションをとるように心がけてみましょう。


(3) キスの濃厚さに差がありすぎる


キスをするときに片方の人はソフトなキスを求めているのに対し、もう片方の人はハードなキスを求めている場合、キスの濃厚さにどうしても差が出てきてしまいます。このキスの差を埋めたくても埋まらず、つらい思いをしてしまう人もいるようです。キスの濃厚さに差がありすぎるときは相手に正直に気持ちを伝えてみるのが良いかもしれませんね。


キスの相性=性格の相性ではない!違う形でスキンシップをとってみよう


キスの相性が悪いからと気にする人もいるかもしれませんが、キスの相性=性格の相性ではないので、キスの相性が悪くても他の部分でスキンシップをとることが出来るように、心がけてみるとよいかもしれませんね。



《Grapps》

特集

page top