野呂田芳成氏死去=元防衛長官、「郵政」反対 | NewsCafe

野呂田芳成氏死去=元防衛長官、「郵政」反対

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 農林水産相や防衛庁長官などを歴任した元衆院議員の野呂田芳成(のろた・ほうせい)氏が23日午後3時23分、ぼうこうがんのため東京都内の病院で死去した。89歳だった。秋田県出身。葬儀は近親者のみで行う予定。喪主は妻黎子(れいこ)さん。後日、お別れの会を行う。
 1977年の参院選秋田選挙区に自民党から出馬し、初当選。その後、衆院に転じて連続8期務めた。小渕内閣で防衛庁長官に就いていた99年、周辺事態法など日米防衛協力の指針(ガイドライン)関連法成立に尽力し、北朝鮮工作船による領海侵犯事件で自衛隊発足以来初の海上警備行動を発令した。
 郵政民営化をめぐり、当時の小泉純一郎首相の方針に強く反対して2005年7月の衆院本会議採決で造反。この後の衆院選では自民党の公認を得られず、無所属で出馬して当選したが党から除名処分を受け、無所属で議員活動を続けた。09年に政界を引退した。 
《時事通信社》

特集

page top