新社会人が元衆議院議員・元財務官僚に聞く 私たちの将来って暗くありません?? | NewsCafe

新社会人が元衆議院議員・元財務官僚に聞く 私たちの将来って暗くありません??

社会 ニュース
新社会人が元衆議院議員・元財務官僚に聞く 私たちの将来って暗くありません??

元衆議院議員・元財務官僚、現在は松田政策研究所代表、バサルト株式会社社長、社団法人キャッシュレスサービス振興協会代表理事などさまざまな役職を務める、「いま知っておきたい「みらいのお金」の話(アスコム)」の著者松田学さんに、今年4月に社会人になったばかりの2人がインタビューする機会をいただきました。


雲の上のような方を目の前に、カチコチに緊張する新社会人に


「どうぞ、もうなんでも」

と、優しく質問を促してもらい、インタビューが始まりました。




佐々木松田先生星野

普段、会えない議員の方にズバリ聞きたい!


普通であればなかなか聞けない質問を、新社会人が投げてくれました。


―星野:政治家ってやっぱりお金たくさんもらってるんですか?


―松田先生:いきなりストレートな質問ですね。ただ、政治家は皆さんが思っているほど、お金ないんですよ


昔は違ったかもしれませんが、今は政治資金規正法により政治家がお金を得ることがすごく厳しくなっていて、政治家をやると逆に財産がなくなるという状態です。


議員報酬っていうけれど…


―松田先生:よくいわれる議員報酬って、全部政治活動にまわして、それでも足りないというのが実際のところなんですよ。


政治活動で何が必要かっていうと、やっぱり地元選挙区選挙で当選しないといけませんから、地元の事務所経費がすごいんです。


地元にいる秘書やスタッフの人件費、事務所の家賃や光熱費とか…。


活動に必要な資金、文書通信交通滞在費というのが月100万ぐらい支給されるのですが、それでも全然足りません


そこで、仕方がないので政治資金パーティーをやります。


昔ですと、大金持ちや大企業がどーんと出してくれましたが、今は規制が厳しくてそれはできないし、個人の寄付も年間1人150万円までと決まっています。


そうするとたくさんの人、たくさんの企業から集めないといけません。


選挙をやると1,000万円単位のお金がかかりますし、地元の活動でも同じように1,000万円単位のお金が必要になってくるいうのが政治家の実情なんですね。


「いいね」と思った政治家に投げ銭


―松田先生:政治家への寄付の仕方も、将来的には変わってくる可能性があります。


例えば、政党が仮想通貨のようなものを発行するという時代がくるかもしれません。


賛成する人たちは政党コインを買うかたちで政治献金するなどは、近い将来起こりうると思います。


そうなったら、政治家に対しても今まで政党を通じて献金をしていた人が「個人に投げ銭」もできるようになります


今は献金すると1円ってわけにはいかないでしょ。


でも1円単位で特定の個人に投げ銭するようなこともできます。


「いいこと言ってるな」と思ったら、その人に100円を入れる

そんな感じの献金もできるようになるでしょうね。



仮想通貨が増えるっていいことですか?


―星野:仮想通貨が生まれることによって、円やドルの通貨の堺はなくなっても、それぞれの仮想通貨を持っていたら、仮想通貨同士で境や隔たりができませんか?


―松田先生いろんな種類の仮想通貨が世界中でたくさん生まれ、それらが交換されるので流通が円滑になり、境はできないと考えます。


例えば私が「松田コイン」を発行します。


私はチェロを演奏するんですが、それを好きな人が世界中にいたら、「松田コイン」がその人たちの間で受け取られて流通するんですね。


自分がこういう価値がある、バリューがあります

ということを作り出し、プロデュースして世の中に訴えていくと、表明する人たちの間で流通する仮想通貨がたくさん出てきます。


小さな経済圏がたくさんできて、その間で仮想通貨同士をまた交換し合うことが起こります。


今も法定通貨が、円とドルとかユーロとか市場で交換されていますよね。それと同じように仮想通貨同士が交換されます。


仮想通貨+人工知能


―松田先生:将来的には、店で受け取りたい仮想通貨の優先順位リストがあって、自分の方で支払いたい仮想通貨も優先順位がついていて、それを人工知能がマッチングさせることも可能になると思います。


「お互い一致した仮想通貨で支払います」

となって、いろんな仮想通貨をその時々で使い分け、みんなが使えるようになるというイメージです。


―星野:仮想通貨はこの先増える可能性は高いですか? 一本化されることはないですか?


―松田先生:多くの方が、通貨は1つの方が便利ではないかと考えます。


しかし、これから社会全体の考え方が変わっていき、法定通貨とは違うところで、自分たちが通貨を発行する時代に入ってくると思います。


そのときに「スーパー仮想通貨」が現れて、


「これすごく便利だからみんなこれでやるか」

というふうになってしまったら元の木阿弥で、せっかく良い流れになってきたものが、また悪くなります。


この世界が多様化していろんな価値観が救われる時代が来たのに、また中央集権型に戻ってしまいます。


日本人は現金志向だけれど、ポイントには慣れている


―松田先生:日本人は現金志向が強いけど、ポイント制には慣れています。


そういった意味で、わりと特定の範囲で多種多様なものが生まれやすい土壌にあるんじゃないかなと思います。


日本がやっていることを海外の人が「面白いね」ってなることはよくあります。


ゲームだとかアニメだとかいろんな流行を作ってきましたよね。


そんな感覚で楽しみながら、いろんな種類の暗号通貨を日本発で生み出したらいいと思います。


そんなに深刻に考えることではなく、自分たちが通貨を発行してみようという感覚でよいと思います。


もちろんうまくいかないこともあるでしょうが、そんな中でいいものがたくさん出てきます。


「バラエティー豊富なお金が日本からどんどん出ているね」

っていう状況を作るっていうのが大事だと思うんです。


学校内通貨や社内通貨も面白い


―佐々木:特定の範囲で通貨を発行したらとても面白いと思います。

《編集部》

特集

page top