高齢者も「ネットビジネス」を手がけるべき理由 不足する「老後の生活費」を稼ごう | NewsCafe

高齢者も「ネットビジネス」を手がけるべき理由 不足する「老後の生活費」を稼ごう

社会 ニュース

高齢者家計を再度確認


高齢者の家計は、統計上、現状でも恒常的な赤字状態です。


将来、この赤字幅は拡大していくものと考えられています。


つまり、公的年金に平均的な貯蓄額を足し合わせても、ある程度の年齢を超えて生き続けるには資金が不足してしまうことは明らかで、当然多くの人は相当な高齢まで働き続けざるを得ません。


場合によっては、一生働きます


このトレンドに合わせて、政府も70歳以上の厚生年金加入を義務化するなど、働き続ける環境を整備しています。



高齢者家計を再度確認

働き続ける条件


「働き続ける」と言ったところで、雇用されての労働を継続するには肉体的な条件を満たす必要がありますし、時間の拘束も受け続けるし


希望する条件にマッチした就労先があるのか

という問題があり、働き続けるには、自分で自分を雇用するのが理想的という結論です。


このとき、必ずしも会社を設立したりであるとか、大きなおカネを投入したりという必要はありません。


「高齢者による起業」など考える必要はなく、「不足を補う分」を稼げば十分だからです。


現状において、高齢者家計の収入の8割は公的年金です。


今後、家計収入に占める公的年金の割合は、確実に減っていきますが、一部にウワサされているように、制度がハタンしたり、崩壊することはありません。


将来も、公的年金が高齢者の家計収入においてトップであることに変わりはありません。


高齢者が働く場合、目標は


公的年金+貯蓄額だけでは生活費に不足する金額で十分

です。


具体的に月あたりで換算すれば、何十万円といった額ではなく、数万円、十数万円といったレベルになります。


高齢者にふさわしい稼ぎ方



高齢者にふさわしい稼ぎ方

ここで、高齢者が働き続ける場合の理想的な条件をまとめてみます。


・自分で自分を雇用できる。
《マネーの達人》

特集

page top