【MLB】田中将大、今度は164キロ打球が胸直撃も好投 指揮官「あれで彼に火がついた」 | NewsCafe

【MLB】田中将大、今度は164キロ打球が胸直撃も好投 指揮官「あれで彼に火がついた」

スポーツ フルカウント
敵地オリオールズ戦で先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
■2試合連続で打球直撃も6回1失点、本人は「運が悪いなとも思うんですけど…」

■ヤンキース 6-5 オリオールズ(日本時間24日・ボルティモア)

 ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、敵地オリオールズ戦に先発し、6回5安打1失点5奪三振1四球と好投した。救援陣が打たれて今季4勝目はならなかったものの、ヤンキースは9回に決勝点を挙げて6-5で勝利。田中は2回に2試合連続で打球が直撃するアクシデントがあったが、抜群の反射神経でダメージを最小限に食い止め、続投した。試合後、アーロン・ブーン監督も「彼の目を見ると、投げたいという思いがあった」と振り返っている。

 田中は6回3安打無失点と好投した18日(同19日)の前回登板レイズ戦で、最後の打者の111.3マイル(約179.1キロ)の痛烈な打球が右すねに直撃。状態が心配されたものの、中4日で無事にマウンドに上がった。しかし、またしてもアクシデントに見舞われた。
《Full-count》

特集

page top