ふわとろ食感がたまらない!美味しい親子丼の作り方のコツって? | NewsCafe

ふわとろ食感がたまらない!美味しい親子丼の作り方のコツって?

グルメ オリーブオイルをひとまわし
ふわとろ食感がたまらない!美味しい親子丼の作り方のコツって?

オリジナルサイトで読む >

卵と鶏肉という身近な食材で作れる親子丼。自宅で作れる簡単な物から料亭でふるまわれる本格的なものまでさまざまな親子丼があるが、自宅でもちょっとしたコツをおさえておけば美味しい親子丼が作れることはご存知だろうか。ここでは、親子丼の作り方、食材選びのポイントから下ごしらえ、コツまでくまなく紹介していこう。



1. 親子丼は鶏肉と卵が命!美味しい食材選びのポイントとは


どんな料理にもいえることだが、美味しい親子丼を作るには新鮮な食材選びが重要だ。ここでは、親子丼において最も重要となる食材である鶏肉や卵の選び方について、選び方のポイントを紹介しよう。


鶏肉

鶏肉は保存がきかない。鮮度が落ちたものは臭みが目立つようになり、味もどんどん悪くなっていく。鶏肉の鮮度を見分けるポイントは3つ。まず、パックの中にドリップと呼ばれる赤い水分が流れ出てしまっていないかどうか。ドリップがあるということはそれだけ鮮度が落ちているという証拠となる。ドリップは肉の臭みの原因でもあるので、あまり多くのドリップが出ている場合は水で洗い流し、キッチンペーパーなどで拭きとってから使うとよい。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top