きかんしゃトーマス、子どもの非認知能力の発達に好影響 | NewsCafe

きかんしゃトーマス、子どもの非認知能力の発達に好影響

子育て・教育 リセマム/教育・受験/未就学児
きかんしゃトーマス
  • きかんしゃトーマス
  • きかんしゃトーマス主題分析
 「きかんしゃトーマス」に関心のある子どもは、遊びに集中して取り組む姿や、遊びや生活の中で自発的な姿がみられる程度が高いことが、東京学芸大こども未来研究所とソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP)が2019年5月23日に発表した研究結果より明らかとなった。

 東京学芸大こども未来研究所とSCPは、「きかんしゃトーマス」が非認知能力の育ちへどのような影響をもたらす可能性があるのかを検証することを目的に、共同で研究を実施。数、言葉、色の理解などが「認知能力」と呼ばれるのに対し、非認知能力は「認知能力ではない能力」を指し、物事に集中して取り組むことや難題に立ち向かうこと、主体性、自己肯定感を持つことなどがそれにあたる。

 「きかんしゃトーマス」のアニメーション分析調査では、現代の子どもたちの多くが触れていると思われるCG版のトーマス計204話(第13シリーズ~第21シリーズ)を対象に、各話の中で描かれている主題をナレーションやキャラクターのセリフなどから抽出して分析した。
《桑田あや》

特集

page top