「これを言い出した芸人は一生売れない」カンニング竹山が持論を展開 | NewsCafe

「これを言い出した芸人は一生売れない」カンニング竹山が持論を展開

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
「これを言い出した芸人は一生売れない」カンニング竹山が持論を展開


 18日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 今回は「行き場を失った芸人たち」と題して、とある事情によりこの日からフリーとなった、お笑いコンビのぺこぱ、プラスワン、ピン芸人の勝又、ふーみん、山ちゃんボンバーらが登場した。

 今後について竹山に相談するコーナーで、「マネージャーさんとうまくいく方法を教えてほしいです」という悩みを明かす勝又。「いろいろな事務所を転々としてきたんですけど、マネージャーさんとうまくいかないことが多かった」のだという。


 それに対し竹山は「信頼関係だよね。信頼する人と一緒に仕事をするためには、タレントもそういうマネージャーを作らないといけない。自分の仕事が回っている時はいいけど、最初はどのマネージャーと仕事をするかだから。この人とやりたいと思ったら、その人を口説きに行くぐらいのことが必要。そこから自分のやりたいことができるようになっていく」と回答。勝又に対しては「まず己が上がらないと」と指摘する。

 さらに竹山は、「芸人がこれを言い出すと120%売れない」という言葉を紹介。それは『事務所が何もしてくれない』だそうで、「これをひと言でも発したヤツは一生売れない。事務所が何もしてくれないじゃなくて、事務所が自分をほっとけなくなるように、バイタリティを持って自分から変えていかないといけない。その考えに気づいていないヤツは絶対に売れないと思う」と持論を展開した。


 「そうして自分が上がった時にやっとマネージャーを変えてくれと言える」という竹山の話を聞いた勝又は「フリーになる前に聞きたかったですね」と苦笑。さらに、スパローズ・大和一孝が「周囲のせいにする悪口の能力が異常に高いから、自分のせいにしかならないフリーの方が向いているのかもしれない」と指摘すると「そう言われると何も言えない」と受け止めていた。
 
(C)AbemaTV
 

【見逃し視聴】行き場を失った芸人5組の悩みとは(1:34:00~)



【動画】借金のカタに木曜日の人権を売るクズ芸人SP

《AbemaTIMES》

特集

page top