「人から金融商品は買わない」が正解 相談相手間違えれば、お金はみるみる減っていく | NewsCafe

「人から金融商品は買わない」が正解 相談相手間違えれば、お金はみるみる減っていく

お金 マネーの達人
「人から金融商品は買わない」が正解 相談相手間違えれば、お金はみるみる減っていく

長い連休も終わり、そろそろ本来のリズムも戻った頃でしょうか。


環境が変わったりして4月は余裕がなかった人も、少し余裕が出てきましたか?


さて、今のタイミングで、お金についての大切なことをお話ししておきたいと思います。


ぜひ、考えてみてください。


お金の話については親の言うことを聞いてはいけない



シングルで扶養家族のいない26歳の女性に必要はない

先日、運用の相談に来られた26歳の女性は、母親を受取人にした死亡保険と、米ドル建て年金保険に入っていました。


聞けば、親に「社会人になったのだから生命保険のひとつも入っておきなさい」と言われ、母親が加入している保険の担当者を紹介され、勧められた通りに加入したのだそうです。


お母様の「社会人になったら保険に入なければならない」という刷り込みは、おそらく、かつて受けた生保レディからの営業に由来しているのだと思います


今でこそ、企業のセキュリティ強化で、生保レディ達のお昼休みの営業活動は難しくなっていますが、昔は、公然と行われ、社会人になって最初に出会う金融機関の人は「生保レディ」でした。


私も記憶にありますが、「社会人になったら、生命保険に入るのは当たり前ですよ」と言われ、生命保険に加入しました。


その後、必要がないことに気がつき解約しました。


本来、死亡保障とは、自分にもしものことがあった時に、遺族が経済的に困らないように加入するものなので、シングルで扶養家族のいない26歳の女性に必要はありません

《マネーの達人》

特集

page top