北方領土、5割強が「今後もロシア」=3年前と変わらず―外務省が対日世論調査 | NewsCafe

北方領土、5割強が「今後もロシア」=3年前と変わらず―外務省が対日世論調査

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 外務省は22日、ロシアで実施した日本との関係に関する世論調査結果を発表した。北方領土について「賛成できる考え方」を尋ねたところ、「ロシアに帰属し、今後ともロシアに帰属する」と答えた人は53%で、2016年の前回調査から横ばいだった。「両国が相互に合意すべきだ」が41%、「日本に帰属すべきだ」は2%にとどまった。
 日ロ関係に関し「平和条約を締結していない」「領土交渉が行われている」ことを知っている人は、それぞれ59%(前回比23ポイント増)、75%(同18ポイント増)となった。16年に安倍晋三首相がプーチン大統領に提案した「8項目の協力プラン」の認知度は18%だった。
 日ロが「友好関係にある」は71%、「日本は信頼できる」は45%で、ともに7ポイント低下した。調査は今年2月、民間調査会社に委託して18歳以上の3600人を対象に実施した。 
《時事通信社》

特集

page top