野沢直子、15年前の出来事を振り返り母として反省「ちょっと申し訳ないことした」 | NewsCafe

野沢直子、15年前の出来事を振り返り母として反省「ちょっと申し訳ないことした」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
野沢直子、15年前の出来事を振り返り母として反省「ちょっと申し訳ないことした」
 アメリカを生活の拠点にしているお笑いタレントの野沢直子が21日にアメブロを更新。15年前の出来事を振り返り反省したことを明かした。


 この日野沢は「私の住んでいるサンフランシスコて街は、ほんっとパーリーの多い街だと思います しかも仮装が大好きなパーリーピーポーが多く、月一で仮装のイベントあるんじゃね??て感じ。昨日の日曜日は、これ。」と仮装した人々の写真を公開、「『Bay to breakers』ていう、毎年5月に行われてる仮装して走るのありのマラソン大会です。」と紹介。

 また「みんなマラソン走るていうより、グループで仮装して朝からはしゃぎたいだけ、、、の人々が大多数です。笑」とのことで「この日曜日は、7時にスタート切ってお昼くらいにゴールしたあと仮装のまま街でランチ食べてるパーリーピーポー、お昼にはすでに泥酔状態で公園で踊る、、などの光景が見られます」とコメント。

 続けて「それで、、、もうこのブログを初期の頃から読んでくださってる方には『またかよ』な写真かもしれませんが、アメブロさんに移って新しい読者の方もいるかもなので、またこの写真のせちゃいます」と15年前に野沢の家族でこのマラソン大会に参加した際の写真を公開、「おわかりになりますでしょうか、、、トイレのつまりを直すかっぽんかっぽんするやつを、三歳の息子以外の全員でかぶって、『◯んこ解放』て書いたTシャツ着てます。」と明かした。

 さらに「娘たちには黒歴史です。おそらく9歳と7歳くらいだったと思われる娘たちは、「こんなの嫌だよう、、、」て泣きながら言っていました」と娘達は嫌がっていたようで「にしても、、、娘たちにはちょっと申し訳ないことしたかな、、、て、昨日またこの仮装マラソン大会終わってはしゃぐ人々を見ながら、母として反省しました。」とブログを締めくくった。

▶︎初対面でいきなり結婚式“新婚“観察リアリティーショー いきなりマリッジ2
《AbemaTIMES》

特集

page top