【MLB】大谷翔平とシモンズ負傷でファンもショック隠せず「2試合負けたような気分」 | NewsCafe

【MLB】大谷翔平とシモンズ負傷でファンもショック隠せず「2試合負けたような気分」

スポーツ フルカウント
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
■大谷は右手薬指にボールが直撃、ファンは「シーズン最悪の負け」

■ツインズ 3-1 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦に「3番・DH」で7試合連続でスタメン出場し、3打数無安打3三振に終わった。第4打席では、スイングした際に右手薬指にボールが直撃。苦悶の表情でベンチに下がった。その後、4番シモンズも捻挫して負傷交代。試合は1-3で敗れ、ファンは「2試合負けたような気分」とショックを隠せなかった。

 大谷は2点を追う8回、左腕ロジャースが投じた92.7マイル(約149キロ)の内角直球をスイングしたが、ボールは右手に直撃。思わずバットを放り投げ、苦悶の表情を浮かべた。大谷はしばらくしゃがみ込んで動くことができず。球場は騒然とした。

 さらに、続くシモンズは一ゴロで全力疾走し、一塁を駆け抜けようとした際に一塁ベースを踏み外してしまうアクシデント。左足首を激しく捻り、自力で立つことができなかった。球団トレーナーに担がれてベンチへ。9回守備から交代となった。3、4番が相次いで負傷し、さらに試合も敗れるという痛すぎる一戦となった。
《Full-count》

特集

page top